川越の祭りで熱く盛り上がれ

皆さんは行事が好きですか? 行事はその季節、その地域によって伝統やテーマが異なり、私たちに活気を与えてくれます。 川越にも伝統的な行事がいくつかあり、毎年地元の人たちだけではなく観光客も楽しませてくれます。 そんな私たちを幸せにしてくれる川越行事をご紹介します。

毎年10月に行われる「川越氷川祭り」は埼玉県の中で最も有名なお祭りで、関東の三大お祭りの一つと言われています。 一年に二日行われるこのお祭りは毎年二日で80万人以上の人が参加されるようです。 360年以上も前からこの氷川祭りは多くの人に受け継がれています。 このお祭りの起点は1638年に城下町が火事により大半を焼失してしまったことで、当時川越藩主だった松平信綱が町の復興のために神事として始めたことだと言われています。

文化財指定に選ばれているこの氷川祭りのみどころは各町によってお祭りの衣装が異っており、いろんな参加している町の人たち衣装を見ることができます。 そして祭囃子(まつりばやし)とそれぞれの歴史的人物の衣装をした人たちを山車に乗せてパレードのように曳いて行きます。 夏のお祭りが終わって寂しい頃にやってくるこの氷川祭りへぜひ参加してみて下さい。

そして川越のもう一つの有名行事は7月の下旬に行われる「川越百万灯夏祭り」です。 このお祭りも昔から受け継がれているお祭りで、1850年に死を偲ぶことから始まったとされています。 このお祭りのみどころは本川越駅から札の辻という場所の間の2キロを歩行者天国にして、沢山の美しい提灯が灯されます。